【ワンポイント英語】意見は明確に示す「大賛成です」

こんにちは。
プロ翻訳家が教える再現性重視の英語学習コーチングの栗宇美帆です。

今日はI’m all for「~には大賛成だ」
というイディオムの紹介です。

アメリカのコロナウィルスへの対応を知りたいと思って読んだ
ニューヨークタイムズというアメリカの新聞に載っていた表現です。

ケネディ上院議員が
実際に新型肺炎に感染していると思われる人数について質問したところ
回答できなかった国土安全保障省のウルフ長官代行に言った言葉

I’m all for committees and task forces but you’re the secretary,
I think you ought to know that answer.

「委員会や対策本部には全面的に賛成だが、あなたは長官ですよ、答え(数字)を知っていて然るべきだと思います。」

forという前置詞は、いろいろな意味で使われますが、
わたしは
「そっちの方を向いている」というイメージです。

forの後ろにあるものに向いているから
「そこに向かう」「それのために」
「それに備えて」「それを求めて」
そして
「それに賛成して・味方して」も
しっくり来ると感じます。

賛成です、というときに
I agree to
という表現もありますが
「大賛成!」という積極性があまりありません。

どちらかというと
反対しない、意見が一致している、
とただ状況を淡々と述べている感じ。

意見を述べる場合にI’m all forを使うと
明確に積極的に主体的に
賛成である、ということが伝わります。

しかし、NYTの記事をみると
アメリカでも担当省庁の長官の回答が煮え切らない
という状況は同じようですね。

~~~~~~~~~~~
英語コーチングやワークショップのお知らせ
目標達成や願望実現
英語学習について
ブログでは語れない
ディープなことを不定期のメルマガで書いています。

メルマガの登録はこちらからどうぞ
https://resast.jp/subscribe/46681/1111314

投稿者:

eigogakushucoachmihokuriu

翻訳家、エグゼクティブ英語コーチ、プロ翻訳者養成スクール講師
自宅で留学並みの英語トレーニングを留学@ホームメソッドを使って教えます。日本に居ながら英語力を上げなければならないあなたのために、最速90日で喋れるようにするガチンコ英語コーチング
 
翻訳書:
『人生を大きくジャンプさせるワクワクの見つけ方』
『「考える」より「感じる」を大切にすることが幸せへの近道』
『仕事で、個人で、目標を達成するためのカベの超え方』
『あなたの考えは、あなたをだます』
 
大学卒業後、一般企業に就職、結婚。米国ニューヨークへの家族の赴任に同行、子育てに専念するも、幼稚園や学校、近隣住民とのコミュニケーションで決定的に英語力が足りないことを痛感しつつ帰国。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロで見慣れた風景が一気に崩壊するショックを味わう。
 
   このショックから異なる文化を繋ぐために自分にできることは何かを考え、幼い頃の夢だった翻訳という答えが雷のように降ってくる。
 
留学経験もなく、英文科専攻でもなかった一般の英語力から、 日本で学習し英検1級とトイック900点レベルに。

その間、翻訳学校に通い8年かけて翻訳会社の社内翻訳者になり、実務翻訳者として現在7年目。
  
その後出版翻訳の分野へも活動を広げ、2015~16年の1年間で4冊の本を翻訳。    
コーチングメソッドを駆使し、ただの英語学習ではなくその人の目的や価値観に基づいたものをカスタマイズして提供。その人の本質と一致した真の目的を明確化し、それに沿った学習を進めることで、英語の苦手意識をなくし、スムーズな英語習得を促す学習法を個人セッションにて提供中。英語初心者から上級者まで大変好評をいただき、リピート受講者続出。     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です