コロナ後の経済の風向きをキャッチするために

最近、経済について
意図して情報をとるようにしています。

この1年で円の価格が
対ドルで10円以上も下がりました。
(2021年1月は1ドル103円
11月は1ドル114円)

これによって輸入品や
石油の値段があがり、
いろいろなものの値段が上がります。

また、1ドルが103円だったときに
円で1万ドル買っていた人は
単純に計算すると
10円×10000=100,000円
持っているドル資産の価値が
上がったことになります。

逆に、ドルを円に換えた人は
10万円、損したことになります。

この変化の大きな原因は
各国政府のとった金融政策ですが
その政策の動機は
コロナ禍の経済不振への対応が
主なものでしょう。


では、コロナが収束すれば
元の経済、元の世界に戻るかというと
もうそれはありません。

コロナ禍仕様になって
どんどん走りだしているからです。

先月末には
円は115円にまで値下がりしました。
4年8か月ぶりだそうです。

物価高騰、インフレが
待ち受けていると予想できます。

私のような
経済に疎く、金融や投資のことも
よくわかっていない者でも
世界の経済の流れが変わる足音が
聞こえています。

コロナで海外との往来が
一般には途絶えている状況で
なんとなく鎖国的ムード。


日本は日本、という雰囲気にいますが
モノやお金は海を越えて行き来し
経済は世界とつながっています。

こんなことを感じ
世界の目線でお金のこと
経済のことをしっかり自分の目で
見ていこうと思いました。

日本と海外では
同じものに対する肌感覚が
ことなるものも少なくありません。

たとえば日本では
暗号通貨はいまだ
多くの人にとってなんとなく怪しいもの
危ないもの
素人が手を出さない方がいいもの
のような空気がマジョリティです。

でも、海外に目を向けると
エルサルバトルでは
ビットコインを国の通貨として採用する法案が通りました。

怪しい、あぶない、という認識なら
法定通貨にその国が採用することはないでしょう。

もし日本でも
ビットコインが急に円と同じ
国の通貨になったらどうでしょう?

いますぐにではないにしろ
絶対にありえない
とは言い切れない気がします。

今の自分には想像が追いつかない未来に備えて情報を取るなら
海外の動きに目をむけないと
日本のニュースだけでは
偏った意見が知らず知らずに刷り込まれてしまいます。

たとえば海外ニュースサイトの
ツイッターをフォローする、
といったような小さなところからでも
始めてみると
少なくとも以前とはちがうな、
という感覚をキャッチできると思います。

お読みいただきありがとうございました。

栗宇 美帆

投稿者:

eigogakushucoachmihokuriu

翻訳家、エグゼクティブ英語コーチ、プロ翻訳者養成スクール講師
自宅で留学並みの英語トレーニングを留学@ホームメソッドを使って教えます。日本に居ながら英語力を上げなければならないあなたのために、最速90日で喋れるようにするガチンコ英語コーチング
 
翻訳書:
『人生を大きくジャンプさせるワクワクの見つけ方』
『「考える」より「感じる」を大切にすることが幸せへの近道』
『仕事で、個人で、目標を達成するためのカベの超え方』
『あなたの考えは、あなたをだます』
 
大学卒業後、一般企業に就職、結婚。米国ニューヨークへの家族の赴任に同行、子育てに専念するも、幼稚園や学校、近隣住民とのコミュニケーションで決定的に英語力が足りないことを痛感しつつ帰国。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロで見慣れた風景が一気に崩壊するショックを味わう。
 
   このショックから異なる文化を繋ぐために自分にできることは何かを考え、幼い頃の夢だった翻訳という答えが雷のように降ってくる。
 
留学経験もなく、英文科専攻でもなかった一般の英語力から、 日本で学習し英検1級とトイック900点レベルに。

その間、翻訳学校に通い8年かけて翻訳会社の社内翻訳者になり、実務翻訳者として現在7年目。
  
その後出版翻訳の分野へも活動を広げ、2015~16年の1年間で4冊の本を翻訳。    
コーチングメソッドを駆使し、ただの英語学習ではなくその人の目的や価値観に基づいたものをカスタマイズして提供。その人の本質と一致した真の目的を明確化し、それに沿った学習を進めることで、英語の苦手意識をなくし、スムーズな英語習得を促す学習法を個人セッションにて提供中。英語初心者から上級者まで大変好評をいただき、リピート受講者続出。     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です