【ワンポイント英語】伝わる発音4:子音の発音LとR

引き続き子音の発音、
今日はLとRです。

この二つは両方とも日本語ではラリルレロと表記さますが、
英語的には全く別物。

たとえはredとled。
カタカナではどちらもレッドと表記されます。

readは読むという動詞の過去形、
ledは導くという動詞の過去形です。

I led him to the office. 
私は彼をオフィスへ案内しました。

と言いたいところを

I read him to the office.
と言ってしまうと

私はオフィスに彼を読んで聞かせました。

とわけの分からない文になってしまいます💦

日本人の発音を聞いていて
Rの発音を意識しすぎて
Rではないところでも
Rの発音をしてしまう人が
多いなと思います。

英語をはなそうとすると
緊張からか
無意識にRスイッチが
入ってしまうようです。

これではせっかくの意識が
仇になって
伝わらない英語になってしまいます。

では、LとRの発音の仕方です。

まずL。

舌先を上の前歯につけたまま声を出します。これがLです。

これだけだと「う」と
言っているように聞こえます。

口を次に続く母音に合わせた形にして
(たとえばlastなら「a」の形で)
舌を歯の裏を下に滑らせるようにしてから離すと
laの発音になります。

Rは
舌を喉の奥に向かって丸めます。

この舌をもとに戻しながら母音を発音すると
(たとえばroseなら「o」の形で)
roの発音になります。

どちらも大げさかな
と思うぐらいで
ちょうどよいです。

Lのときは、
舌の裏を相手に見せるつもりで。

是非トライしてみてください。

また書きますね。

Have a pleasant day❣️

投稿者:

eigogakushucoachmihokuriu

翻訳家、エグゼクティブ英語コーチ、プロ翻訳者養成スクール講師
自宅で留学並みの英語トレーニングを留学@ホームメソッドを使って教えます。日本に居ながら英語力を上げなければならないあなたのために、最速90日で喋れるようにするガチンコ英語コーチング
 
翻訳書:
『人生を大きくジャンプさせるワクワクの見つけ方』
『「考える」より「感じる」を大切にすることが幸せへの近道』
『仕事で、個人で、目標を達成するためのカベの超え方』
『あなたの考えは、あなたをだます』
 
大学卒業後、一般企業に就職、結婚。米国ニューヨークへの家族の赴任に同行、子育てに専念するも、幼稚園や学校、近隣住民とのコミュニケーションで決定的に英語力が足りないことを痛感しつつ帰国。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロで見慣れた風景が一気に崩壊するショックを味わう。
 
   このショックから異なる文化を繋ぐために自分にできることは何かを考え、幼い頃の夢だった翻訳という答えが雷のように降ってくる。
 
留学経験もなく、英文科専攻でもなかった一般の英語力から、 日本で学習し英検1級とトイック900点レベルに。

その間、翻訳学校に通い8年かけて翻訳会社の社内翻訳者になり、実務翻訳者として現在7年目。
  
その後出版翻訳の分野へも活動を広げ、2015~16年の1年間で4冊の本を翻訳。    
コーチングメソッドを駆使し、ただの英語学習ではなくその人の目的や価値観に基づいたものをカスタマイズして提供。その人の本質と一致した真の目的を明確化し、それに沿った学習を進めることで、英語の苦手意識をなくし、スムーズな英語習得を促す学習法を個人セッションにて提供中。英語初心者から上級者まで大変好評をいただき、リピート受講者続出。     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です