【ワンポイント英語】句読点シリーズ コロン (:) 1

文の途中に何気なく挟まっていて
大した意味はないような
そんな小さな記号たち



コロンて聞いたことありますか?



こういう記号です→:

よく見かけるけど
なんのために入っているのか分からない。



ではもうひとつ。
こちらはどうでしょう?



これ→;



さっきの記号に似てるけど
下の点が丸い点じゃなく
カンマになっている。



こちらはセミコロンといいます。



どういうときにどっちを使うのか。



気にしたことない?



実は明確な違いがあるのです。



これを知ったら
文章のつながりが、より分かりやすくなります。



まずはコロンから説明しますね。



コロンは日日本語の句読点のひとつです。
日本語の場合は。と、しかないですが
英語には4つあります。



カンマ、コロン、セミコロン、ピリオドです。



上の順番で、各記号の前後の部分の区切られ度合いが強くなります。



コロンは句読点なので「区切る」と説明しているものが多いのですが
ネイティブの先生から教えてもらったときは
「つなげる」働きをすると言われました。



本来なら、直接繋がることのない文や語句を
コロンを入れることで続けて一文にすることができる。



そういう働きがコロンとそしてセミコロンにはあります。



コロンの繋ぎの働きは次の3つです。
1.「たとえば」という意味で、具体例を羅列する
2.後ろに引用をつける
3.「つまり」「すなわち」という意味で、要約や説明を加える



1.の例文です
My teacher told me that there are three important Cs in writing English sentences: clear, concise and consistent.
(私の先生は英語の文章を書く上で3つのCが大切だと教えてくれました。それは明確さ、簡潔さ、一貫性です。)



コロン(:)の後ろにthree important Csの内容が具体的に羅列されています。



本来ならこの文の中で述語でもなく、
直前のsentencesを修飾しているわけでもないので
形容詞のclear、concise、consistentは
この場所に来ることはできません。



でもコロンを入れることで
具体例や補足説明だよ
ということが分かり
直接文の中にことわりなく
入れることができるのです。



長くなったので
2.についてはまた次回書きますね。

投稿者:

eigogakushucoachmihokuriu

翻訳家、エグゼクティブ英語コーチ、プロ翻訳者養成スクール講師
自宅で留学並みの英語トレーニングを留学@ホームメソッドを使って教えます。日本に居ながら英語力を上げなければならないあなたのために、最速90日で喋れるようにするガチンコ英語コーチング
 
翻訳書:
『人生を大きくジャンプさせるワクワクの見つけ方』
『「考える」より「感じる」を大切にすることが幸せへの近道』
『仕事で、個人で、目標を達成するためのカベの超え方』
『あなたの考えは、あなたをだます』
 
大学卒業後、一般企業に就職、結婚。米国ニューヨークへの家族の赴任に同行、子育てに専念するも、幼稚園や学校、近隣住民とのコミュニケーションで決定的に英語力が足りないことを痛感しつつ帰国。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロで見慣れた風景が一気に崩壊するショックを味わう。
 
   このショックから異なる文化を繋ぐために自分にできることは何かを考え、幼い頃の夢だった翻訳という答えが雷のように降ってくる。
 
留学経験もなく、英文科専攻でもなかった一般の英語力から、 日本で学習し英検1級とトイック900点レベルに。

その間、翻訳学校に通い8年かけて翻訳会社の社内翻訳者になり、実務翻訳者として現在7年目。
  
その後出版翻訳の分野へも活動を広げ、2015~16年の1年間で4冊の本を翻訳。    
コーチングメソッドを駆使し、ただの英語学習ではなくその人の目的や価値観に基づいたものをカスタマイズして提供。その人の本質と一致した真の目的を明確化し、それに沿った学習を進めることで、英語の苦手意識をなくし、スムーズな英語習得を促す学習法を個人セッションにて提供中。英語初心者から上級者まで大変好評をいただき、リピート受講者続出。     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です